留学・研修プログラム

 

学生から社会人まで「語学留学」「ビジネス留学」「海外インターンシップ」「海外ボランティア」「海外PBL研修」など、目的やゴールに合わせてカスタマイズが可能です。

最近はより実践的な経験ができる異文化理解研修やオンラインでの講義を組み合わせたハイブリッド型の海外研修も増えています。

network-g117ca1a4c_640.jpg
海外の学生と共同で課題の解決に挑む
PBL研修

 

高校生や大学生が社会の様々な課題に対して取り組むPBL研修。

PBLは問題解決型学習(Project Based Learning)の略称です。

近年は海外の学生との共同プロジェクトとして、オンラインを活用して進めるケースや産学連携で、企業の課題に関して学生が解決策を探求し、プレゼンテーションする事例など様々なものが出てきています。

​テーマ設定やゴール設定を明確にしつつ、カスタマイズにて研修のオーダーメイドが可能です。

留学ソムリエ
グローバルスキルの第一歩
ビジネス留学

 

国際社会では、コミュニケーションのツールとしてビジネス英語の習得が必須となっています。ビジネスコースでは、グローバルビジネスで必要な表現やコミュニケーションの方法、プレゼンテーションの仕方などを学んでいきます。

「マーケティング」「IT」「マネジメント」などの専門コースを設けている学校もあり、コース終了後は修了証(Certificate)やDiplomaを授与されます。

またビジネスコース修了後にインターンシップに挑戦する方も多く、インプットとアウトプット両方行うことで学習効果が上がります。

留学ソムリエ
実践力をつけるなら
海外インターンシップ

 

グローバルな職場になればなるほど、出来て当たり前という風土があります。社会に出る前に海外での仕事の仕方を経験できる海外インターンシップは、グローバル人材には必須となってきています。

 

ワーキングホリデーとの違いは、アルバイトではなく実際に会社の一員としてビジネスの現場でビジネススキルを習得できることです。

 

ただ、海外インターンシップと言っても、語学学校の授業の一環で行われるものからワークビザを取得して行う本格的なものまで幅広いため、内容の事前確認と目的に合わせたプランニングが重要となります。

 
Image by Asael Peña
training-g51732e29c_640.jpg
オンライン学習
駐在員や海外出張に対応
法人向け異文化理解研修

世界のビジネス環境に適応できる人材育成のお手伝いをいたします。

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、インド、中国など対象国によって価値観やコミュニケーションも全く異なります。企業の海外戦略に寄り添ったコンサルティングを心がけています。

研修例:

  • 異文化ビジネスコミュニケーション

  • グローバル・リーダーシップ研修

  • チームビルディング

  • 新入社員研修

  • ​ダイバーシティ・トレーニング

グローバルな資格を取得!
専門留学

 

日本はもともとメンバーシップ型の雇用でしたが、海外と同様のジョブ型の雇用が進んできています。

これからの時代、より専門性を高めていくことが、VUCA(不確実な)の時代をサバイブする上で求められています。

専門留学では、産業界と連携した様々なコースがあり、サティフィケート、ディプロマ、ディグリーなど留学計画に合わせた資格の取得が可能です。

​特にオーストラリアは専門性を学ぶことのできる教育機関が公立(TAFE)、私立ともに充実しています。

自宅から効率よく学ぶ
オンライン留学

 

英語学習においては、オンライン留学はすっかり定着しました。メリットとして次のようなことが挙げられます。

・学習効果が高い

・リモートスキルが上がる

・時間を有効に使える

・授業料がリーズナブル

・滞在費・航空運賃かからない

・予習・復習ができる

・好きな環境で受講できる

​特に時差の少ないオーストラリアやフィリピンの教育機関は、個人でもグループでも日本から参加しやすいので、お勧めです。

フィリピンの学校の場合、マンツーマンレッスンが充実しているので、スピーキングを伸ばしたい方は、ぜひ試してみてください。

留学ソムリエ
留学ソムリエ
留学ソムリエ
とにかく英語力を伸ばす!
語学留学

 

英語を効率的に学習する方法としては、英語圏の語学学校に入学することが早道です。国によっては、就学ビザなどが必要となる事も多いので、早期の準備が大切となります。まずは自分の到達目標に合わせての渡航先(国・都市)選び、学校選び、受講期間・コース選択をしていきます。

 

一番人気のアメリカでは、オンキャンパスがお勧めです。

それぞれの学校の特徴と自身の留学スタイルのマッチングが重要となります。

​スタディプランを立てた上で、留学準備を進めていきましょう。

海外で社会貢献活動に参加
海外ボランティア

 

将来的に国際機関で働きたい・海外で自分の可能性を試してみたい方はボランティア活動に参加することで、新しい発見があるでしょう。

 

例えば、フィリピンのセブ島では、音楽活動を通じてスラム街の子供たちの自立を支援する活動に参加することができます。

タイのチェンマイでは山岳民族の支援に参加したり、アメリカのシアトルでは、ハイチに学校を建てるプロジェクトに現地の高校生たちと参加します。

 

経験がなくても語学力が低くても大丈夫!短期間でもきっと変化を実感するでしょう。

 

オールマイティーな
ワーキングホリデー

 

海外でアルバイトが経験できることは、ワーキングホリデー(ワーホリ)の大きな魅力の一つです。そのことで比較的リーゾナブルに渡航できる上、働きながら多様性を学ぶ機会にも恵まれます。

以下の様な方が向いています。

①安く長く海外に住みたい

②予算をなるべく抑えたい

③英語力も総合的に伸ばしたい

④海外でリラックスしたい

⑤仕事に疲れてリフレッシュしたい

 

また語学学校に数ヶ月間通った後にアルバイトするなど複数の内容をミックスすることも出来ます。

ただし、年齢制限があるので、興味がある方は注意が必要です。