セブ島サンカルロス大学での英語研修+孤児院ボランティアに同行

March 31, 2018

大学の短期研修としてプロデュースさせていただいたセブ島の名門大学サンカルロス大学での研修に引率として参加させていただきました。

 

 
 
セブ島の名門大学サンカルロス大学

 

サンカルロス大学は1935年設立で80年以上の歴史を誇る私立の名門校で、愛知東邦大学の交流協定校です。大学の評価としてはセブ地域では一二を争い、フィリピン全体でもTOP10に名を連ねる大学で、イギリスのグローバル高等教育の評価機関であるQS(Quacquarelli Symonds)のアジア大学ランキングでも301-350位にランクインされています。

 

 サンカルロス大学(正門)

 

 

今回の研修ではサンカルロス大学の学生とバディを組んで、アクティビティやプレゼンテーションも一緒に行いました。

 

 系列の高校生との交流も

 

 

また、英語の授業は実際に大学の先生が教える本格派。初級クラスとはいえ、社会人になってからも使えるビジネス表現もあり、とても内容の濃いものでした。

 

 

少人数制の英語クラス

 

 

今回のプランでは4回の孤児院でのボランティアと週末を使ったボホール島への1泊2日のツアーが含まれていました。孤児院でのボランティアを通して、参加した学生は、フィリピンの現状と世界が抱える貧困問題に向き合うことができたようです。

 

 

孤児院でのボランティア活動 

 

 

ボホール島では、世界自然遺産のチョコレートヒルズを訪れたり、綺麗なビーチを満喫したりと1泊2日のツアーを満喫したようです。

 

 

お別れパーティの様子

 

 

お別れパーティでは、大学をあげて盛大なイベントが行われました。参加した学生もあっという間の2週間で、名残惜しい様子でした。

 

 

こちらのプログラムは大学生であれば、個人での参加も可能となっています。

詳細はこちらをご参照ください。

 

運営会社:留学ワールドby DEOW

https://deow.jp/special-group-program/

 

 

"JOY OF WORK"

留学ソムリエ

Please reload

特集記事

【令和時代における外国人採用&育成の最前線】登壇

July 11, 2019

1/10
Please reload

最近の記事
Please reload

タグで探す